データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、第4号先制弾を放つも・・・左足首の捻挫で途中交代

2018/04/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地でのニューヨーク・ヤンキース戦に「5番・指名打者」で先発出場。第1打席で先制の第4号ソロ本塁打を放ち、2打数1安打1打点とした。
 
 大谷は第1打席でヤンキース先発のセベリーノの内角の97マイル(約156キロ)の速球を振り抜き、右翼スタンドへ先制弾を叩き込んだ。この本塁打が8試合ぶりの一発となり今季4号。いきなりヤンキースを相手に魅せた。
  
 続く第2打席ではバットをへし折られる二ゴロ。第3打席の場面で代打が送られこの日は2打数1安打1本塁打1打点で終えた。
 
 大谷への代打について『ロサンゼルス・タイムズ』のマイク・ディジョバナ記者は「左足首の軽い捻挫」と速報。明日はヤンキースの田中将大投手との対決が予定されていたが、果たしてどうなるだろうか。現時点では欠場に関する情報は発表されていない。