データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷、勝敗付かずも積極性出せた リード守り監督も評価「勝つチャンス与えてくれた」

2018/04/25

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が24日(日本時間25日)、敵地ミニッツメイド・パークで行われたヒューストン・アストロズ戦に先発登板し、6回途中4失点。勝敗は付かなかった。

 登板4試合目となった大谷は、序盤からリードをもらいながらの投球となった。1回は3人で抑えたが、2回にマーウィン・ゴンザレス外野手にタイムリー安打を浴びて1失点。それでも、3回~4回は走者を背負いながらも無失点でしのぐ冷静なマウンドさばきを見せた。

 しかし5回、先頭のゴンザレスに際どいコースに投げ込んだ球がボールと判定され四球で歩かせると、続く9番のデレク・フィッシャー外野手に初球の96マイル(約154キロ)を叩かれバックスクリーンへの2ラン本塁打を浴びた。

 6回に打者2人に対して四球、三振を記録し降板した大谷。この時点でスコア4-3と勝ち投手の権利を持っての降板だったが、後を受けたホセ・アルバレス投手がブライアン・マッキャン捕手に逆転2ラン本塁打を浴びて、メジャー3勝目はお預けに。この日は5回1/3を投げて被安打6、与四球5、奪三振7、失点4の成績で防御率は4.43となった。なお試合は、アンドレルトン・シモンズ内野手の3ラン本塁打で再逆転したエンゼルスが8-7で勝利を収めている。

 米公式サイトによると、試合後大谷は通訳を介してコメント。「アストロズは本当に良いラインナップで、投球は本当に難しいものになった」と話しながらも「5四球を与えたが、積極的に良い投球をしようと心掛けた」と前を向いた。一方、エンゼルスのマイク・ソーシア監督も、大谷の投球について「5四球を与えたが、翔平はそれほどミスをしていなかった」と述べ、「彼は素晴らしい投球をした。5回1/3で100球は大変な仕事だったが、彼は私たちに勝つチャンスを与えてくれた」と評価している。

 自身の勝ち星という結果に結びつけることはできなかったが、大谷の言う積極性は速球のスピードにも表れている。この日は今季MLB先発投手最速となる101マイル(約163キロ)を記録したのをはじめ、100マイル(約161キロ)を超えた球は5球を数えた。

 登板翌日の明日25日(同26日)は休養、その翌日も移動日で試合がなく、次戦は打者として27日(同28日)に本拠地エンゼル・スタジアムで行われるニューヨーク・ヤンキース戦に出場する予定となっている。