データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷、5回まで投げ3失点と粘投 王者アストロズ相手に1点リードで後半へ

2018/04/25

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が24日(日本時間25日)、敵地ミニッツメイド・パークで行われているヒューストン・アストロズ戦に先発登板している。
 
 メジャー4試合目の登板となった大谷は初回、マイク・トラウト外野手のソロ本塁打による1点の援護を受けてマウンドに登った。先頭のジョージ・スプリンガー外野手に対して、カウント1-0からの2球目の97マイル(約156キロ)の速球をはじき返されて右前安打とされたが、続く2番のホセ・アルトゥーベ内野手に対してはカウント2-1から84マイル(約135キロ)のスライダーで中飛、3番のカルロス・コレア内野手もフルカウントから84マイルのスライダーで見逃し三振、そして盗塁を狙ったスプリンガーをマーティン・マルドナード捕手が刺して併殺が完成。先頭打者に出塁を許したものの、結果的に打者3人で終わる立ち上がりを見せた。
 
 2回も1点援護をもらってた大谷。先頭のジョシュ・レディック外野手をカウント2-2から87マイル(約140キロ)のスプリットで空振り三振、続く元横浜DeNAベイスターズのユリ・グリエル内野手もカウント0-2から89マイル(約143キロ)のスプリットで三球三振とし、前の回から3者連続三振を記録する。しかし、ここで6番のWBC米国代表にも選ばれたアレックス・ブレグマン内野手にフルカウントから82マイル(約131キロ)のスライダーを捉えられ、レフトへの二塁打とされる。7番のブライアン・マッキャン捕手には四球を選ばれ2死一、二塁。そして、8番のマーウィン・ゴンザレス外野手にカウント2-1から100マイル(約161キロ)の速球を右前へ運ばれ、ブレグマンが生還。ゴンザレスを挟殺プレーでアウトとしチェンジとなったが、この回1点を返され2-1と追い上げられる。
 
 3回、エンゼルスはさらに2点追加し4-1とした。ここまで36球の大谷は、先頭の9番デレク・フィッシャー外野手にフルカウントから四球を与えてしまうが、2巡目となり、続く1番のスプリンガーはカウント1-0から83マイル(約134キロ)のスライダーで二邪飛に打ち取る。アルトゥーベもカウント1-2から88マイル(約141キロ)のスプリットで空三振に仕留めて、この日4つ目の奪三振。コレアは四球としたが、4番のレディックをカウント0-2からの91マイル(約147キロ)のスプリットで2打席連続の空三振に打ち取り3アウト。走者を許しても落ち着いた投球が印象的なマウンドだった。
 
 4回の先頭打者はグリエル。カウント1-2と追い込んだが、最後に98マイル(約158キロ)の速球が甘く入り中前へはじき返されて、この試合3度目となる先頭出塁を許す。それでも、第1打席に二塁打を許しているブレグマンを初球の88マイル(約141キロ)のスプリットで二ゴロとし、マッキャンもカウント0-1からの87マイル(約140キロ)のスプリットで二ゴロ併殺に打ち取って、この回はわずか7球で難なくイニングを終えた。
 
 前半を締めくくる5回、先頭のゴンザレスに対しフルカウントから際どいコースをボール判定され四球で歩かせると、大谷は納得いかない表情で苦笑いを浮かべた。そして続くフィッシャーを打席に迎えると、初球の外の96マイル(約154キロ)の速球を完璧に捉えられ、打球はバックスクリーン左への2ラン本塁打となった。これで4-3と1点差まで詰め寄られる。なおスプリンガーにカウント1-1から98マイル(約158キロ)の速球を右前安打とされるが、アルトゥーベをカウント2-2から83マイル(約134キロ)のスライダーで空三振で1アウト。コレアもカウント1-1から二飛に打ち取り、冷静さを取り戻す。そして、レディックは右飛で3アウト。

 大谷はここまで88球(ストライク49球)、被安打6、与四球4、奪三振6。試合はエンゼルスが4-3でリードして6回の攻防に入っている。