データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ダルビッシュ、5回途中5失点で2敗目 日米通算150勝はまたもお預け

2018/04/22

text By

photo

Getty Images

タグ: , ,



 シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手が21日(日本時間22日)、敵地でのコロラド・ロッキーズ戦に先発登板。4回までは無失点としていたが、5回に打ち込まれ、4回2/3を5安打、4四球、4三振、5失点で2敗目を喫した。
 
 日米通算150勝まで残り1勝と迫っているダルビッシュ。この日は、初回に2点の援護をもらうと、初回2回と三者凡退に抑える立ち上がり。3回には四球と犠打で得点圏に走者を背負うもアルモラが中堅深くへの当たりに対して好プレーで失点を防いだ。
 
 しかし、5回に2死一塁から相手投手に四球を与えると、ロッキーズの上位打線がダルビッシュを滅多打ち。ルメイヒュー、パーラに連続適時打を浴び逆転を許すと、ブラックモンには四球、続くアレナドに再び適時打を浴び、ストーリーに左翼に適時二塁打を浴び、5失点を喫したところでノックアウトとなった。
 
 その後、カブス打線はロッキーズ投手陣相手に沈黙し、試合は2-5でカブスが敗戦。ダルビッシュは今季2敗目を喫し、期待されていた今季初勝利と日米通算150勝はお預けとなった。