データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田、3回までに4失点も味方が大量援護 コントロール修正できるか

2018/04/19

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が18日(日本時間19日)、敵地ペトコ・パークで行われているサンディエゴ・パドレス戦に先発登板している。
 
 今季3度目の先発となった前田は初回、いきなり3点の援護を受けてのマウンドとなった。まず、先頭打者のホセ・ピレラ外野手をカウント0-2から外低めの92マイル(約148キロ)の速球で三球三振に仕留める。続くフランチー・コルデロ外野手も、速球主体の組み立てでカウント2-2から最後は78マイル(約127キロ)のカーブで見逃し三振。
 
 2死となって、迎えたのは今季から加入したエリック・ホズマー内野手。今度はカーブ、スライダー、カットボールと多彩な変化球でカウントを整え、フルカウントから最後はインコースの92マイルの速球を投げ込んで一ゴロ。初回16球を投げて、2三振を含む3者凡退と順調な立ち上がりを見せた。
 
 2回は、追加点をもらい4-0で臨んだイニング。先頭のクリスチャン・ビラヌエバ内野手に対して真ん中に入った速球を中前へはじき返され、この試合初安打を浴びる。続くフレディ・ガルビス内野手はチェンジアップで二飛に打ち取ったが、1死一塁からカルロス・アスアーヘ内野手に右前安打、コリー・スパンゲンバーグ内野手に対しても右前安打を浴び、1死満塁のピンチとなった。
 
 ここで、オースティン・ヘッジス捕手に対してカウント1-3から押し出しの四球を与えて1失点。なおも満塁で、先発投手のルイス・ペルドモに軽々と犠飛を打たれて2失点目。1番にかえってペラルタは三ゴロに打ち取りこの回を終えたが、初回とは一転、パドレス打線に捕まる形となってしまった。
 
 3回にもマックス・マンシー内野手の2ラン本塁打などで5点の大量援護を受けた前田。流れを完全にドジャースのものにしたいマウンドで、先頭のコルデロはカウント2-2から外低めの93マイル(約150キロ)の速球で空三振。続くホズマーに対しては、カットボールとチェンジアップの2球で早々と追い込んだが、3球目の94マイル(約151キロ)の速球を中前安打とされて再びランナーを置く展開になった。
 
 ここでビラヌエバに四球、ガルビスは中飛に打ち取ったが走者を三塁まで進められ、2死一、三塁。ここで切りたいところだったが、続くアスアーヘにレフトを越える2点タイムリー二塁打を浴びて9-4。またしても失点を喫してしまう。スパンゲンバーグにも内野安打を浴びて一、三塁とピンチを広げたが、最後はヘッジスを91マイルの速球で空三振に抑えてこの回を終えた。
 
 甘い球を見逃さないパドレス打線に飲み込まれている前田だが、中盤に入りコントロールの修正ができるかが勝負のカギになってくる。