データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、1日に先発投手デビューなら98年ぶりの大記録 球団が発表

2018/03/31

text By

photo

Getty Images

タグ: , ,



 二刀流でMLBに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手。29日(日本時間30日)の開幕戦では打者デビューを果たし、1安打を記録した。投手デビューは開幕4戦目のアスレチックス戦の予定で、球団によると、開幕10試合以内に投手と打者としてスタメン出場すると、98年ぶりの偉業であるという。
 
 MLBで本格的な二刀流を目指す大谷が遂に第一歩を踏み出した。開幕戦では8番指名打者としてメジャーデビュー。メジャーでの初打席の初球を右前へ運び、初安打を放った。その後は凡退に終わったが、打者としてメジャーデビューを果たした。
 
 その大谷の投手デビュー予定となっているのが1日(同2日)に行われる開幕4戦目のアスレチックス戦だ。そして、開幕してから10試合以内に投手と打者としてスタメン出場するとなんと98年ぶりのことであるという。
 
 エンゼルスは30日にメディア・インフォメーションでこの情報を紹介。「大谷=野球の希少性」と題して、大谷がこれから行おうという偉業を伝えた。球団によると、最後に開幕10試合以内に投手と打者としてスタメン出場した選手は1920年のジョー・ブッシュ選手と、クラーレンス・ミッチェル選手であるという。
 
 また、シーズンを通しての投打でのスタメン出場を果たした最後の選手は1988年のリック・ローデン選手であると伝えた。
 
 およそ100年ぶりに野球の歴史を塗り替えようとしている大谷。「ベーブ・ルース2世」として、球団の期待通りに投打で活躍することができるのだろうか。