データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



田澤、1回3者凡退の好投。対左打者は被打率.000と順調な調整進む

2018/03/26

text By

photo

Getty Images

タグ: , ,



 マイアミ・マーリンズの田澤純一投手は25日(日本時間26日)、米フロリダ州ジュピターで行われたヒューストン・アストロズとのオープン戦に登板した。
 
 田澤は、5回から2番手として登板。先頭のティム・フェデロビッチ捕手を遊ゴロに打ち取ると、続くJ.D.デービス内野手は右飛、ジェイク・マリスニック外野手は中飛と難なく3者凡退に抑えた。
 
 これで田澤はオープン戦6試合に登板し、通算7回を投げ被安打5、与四球1、奪三振3、失点3で防御率3.86としている。また、左打者相手に安打を許していないなど安定感を見せており、シーズンへ向けて左右問わず勝利の方程式の中で起用されることが期待される。