データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



マーリンズ、イエリッチをトレードで放出 昨季の外野レギュラー3人が全員移籍へ

2018/01/26

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



 ミルウォーキー・ブリュワーズは25日(日本時間26日)、マイアミ・マーリンズとのトレードでクリスチャン・イエリッチ外野手を、FAのロレンゾ・ケイン外野手をそれぞれ獲得したとMLB公式サイトなど複数米メディアが報じた。
 
 イエリッチとのトレードでは、ルイス・ブリントン外野手、モンテ・ハリソン外野手、イサン・ディアス内野手、ジョーダン・ヤマモト投手の4人がマーリンズに放出される。
 
 年俸削減を図っているマーリンズは既にジャンカルロ・スタントン、マーセル・オズナ、ディー・ゴードンといった主力選手を相次いで放出しており、ファンやメディアだけでなく、選手からも批判されており、イエリッチもトレードを志願する一人であった。
 
 そして、23日にはブリュワーズがオファーを出したと報じられ、その後2日で移籍が決まることになり、イエリッチの願いは聞き入れられた形となる。なお、イエリッチのトレードによって、昨季のマーリンズの外野レギュラー3人は全員他球団に移籍することになった。
 
 また、正捕手のJ.T.リアルミュートやヤンキースから移籍してきたスターリン・カストロもトレードを要求しており、今後も選手が移籍する可能性は大いにあるだろう。
 
 また、今回ブリュワーズが獲得したFAのケインはロイヤルズのワールドシリーズ制覇にも貢献し、昨季は155試合出場で打率.300、15本塁打、49打点、26盗塁という成績を残している。守備の評価も高く、マーリンズから加入したイエリッチと共に強力な外野陣を形成することになりそうだ。