データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





松井秀喜氏の最年少野球殿堂入りが米国でも話題に「ゴジラが野球殿堂の栄誉を手にした」

2018/01/16

text By

photo

Getty Images

タグ: , , ,



 読売ジャイアンツ、ニューヨーク・ヤンキースなどでプレーした松井秀喜氏が日本野球殿堂入りを果たしたことが、2003年からプレーした米国でも話題となっている。
 
 米国スポーツサイト「ファンラグ・スポーツ」では15日(日本時間16日)付で特集を掲載し「ゴジラが野球殿堂の栄誉を手にした」と評して松井の快挙を称えた。
 
 記事では、松井がNPB史上最年少の43歳7ヶ月で野球殿堂に選出されたことを紹介。これまで45歳4ヶ月で最年少であった野茂英雄氏を引き合いに出し「日米で素晴らしいキャリアを過ごし、最高のピッチャーであったヒデオ・ノモと同様に栄誉を称えられることになった」と報じた。
 
 また、同記事では松井を「日本人選手の象徴的存在」と称し、2003年と2004年のオールスター出場経験や、2009年のワールドシリーズで打率.615(13-8)、3本塁打、8打点と大活躍を見せ、日本人史上初となるシリーズMVPに輝いたことなど、日本の誇る左打者の功績を紹介している。

スポンサードリンク