データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





アストロズ、大型トレードでパイレーツのエース右腕獲得 ダルの移籍可能性は消滅へ

2018/01/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , ,



 ヒューストン・アストロズは13日(日本時間14日)、4選手とのトレードでピッツバーグ・パイレーツからエース右腕のゲリット・コール投手を獲得したと球団公式サイトなど複数米メディアが報じた。
 
 エース右腕の獲得に成功したアストロズからはジョー・マスグローブ投手、マイケル・フェリス投手、コリン・モラン内野手、ジェイソン・マーティン外野手が放出される。
 
 昨季は33試合に先発登板して203回を投げ、12勝12敗、防御率4.26という成績を残していたコールはヤンキースなども興味を示していたが、2年連続世界一を狙い、先発補強を画策していたアストロズが獲得に成功した。
 
 アストロズはメジャー通算5年間で59勝42敗、防御率3.50という成績を記録しているコールの獲得によって先発ローテーションが盤石な布陣となった。
 
 今季のアストロズはエースのダラス・カイケルを筆頭にジャスティン・バーランダー、チャーリー・モートン、ランス・マッカラーズ、コリン・マクヒュー、そして今回トレードで獲得したコールを加えた6人が先発ローテーションを担い、シーズンを戦うことになる。
 
 また、先発候補が揃ったことからFA市場で去就が注目されているダルビッシュ有投手の獲得可能性は消滅することになった。

スポンサードリンク