データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



FAのダルビッシュに各球団が熱視線 先発投手不足のチーム中心に争奪戦へ

2017/12/12

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



 今季限りでロサンゼルス・ドジャースからFAとなっているダルビッシュ有投手。所属先はまだ決まっていないが、米メディアのFA市場の先発投手ランキングでは上位に選出されるなど非常に高い評価を得ており、先発投手が不足しているチームを中心に争奪戦が繰り広げられそうだ。
 
 11日(日本時間12日)付のMLB公式サイトでは、今季ワールドシリーズを制覇したヒューストン・アストロズがダルビッシュの獲得に興味を抱いていると報じた。今季のアストロズはシーズン途中にタイガースのエースであるバーランダーを獲得したことで先発陣に厚みを持たせることに成功し、球団初の世界一の栄冠を掴んだ。
 
 また、アストロズは来季オフにエースのダラス・カイケル投手がFAとなり、今季途中に加入したバーランダーも2019年オフで契約が切れる。そのため、彼らの代わりに先発陣の柱となり得る投手を早い段階で補強しておきたいようだ。
 
 アストロズ以外の球団もダルビッシュに熱視線を送っている。古巣・レンジャーズの地元紙である「スター・テレグラム」も「ダルビッシュを獲得することが、2018年以降のシーズンを戦うに際して最良の方法だ」と評し、復帰を熱望している。
 
 また、アストロズやレンジャーズだけでなく、カージナルス・ツインズ・ブリュワーズなども獲得に興味を抱いており、代理人のジョエル・ウルフ氏も「ダルは今季のFA市場で最も優れた先発投手だと信じている。ポストシーズンでは他球団のエース級と対戦しながらも、好投してドジャースのワールドシリーズ進出に貢献した。彼はやはり選手としての価値が非常に高いと思うよ」と話し、ダルビッシュに適する移籍先探しに自信を見せた。
 
 現在、米国ではメジャー30球団と傘下マイナーチームの代表が集うウィンターミーティングが開催されており、その動向次第では一気に交渉が進展を見せる可能性もありそうだ。