データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





大谷、エンゼルス入りが決定!代理人「彼が次のレベルに到達するために最高の環境と感じた」

2017/12/09

text By

タグ: , , , , , , ,



 ポスティングシステムを行使した米球界移籍を目指していた北海道日本ハムファイターズの大谷翔平投手が、ロサンゼルス・エンゼルスに入団することで合意したことが8日(日本時間9日)に分かった。エンゼルスには、かつて松井秀喜外野手・高橋尚成投手・長谷川滋利投手が在籍していた。
 
 同日付のMLB公式サイトでは、代理人のネズ・バレロ氏の声明を掲載するなど、大谷争奪戦の結果を速報。バレロ氏は入団理由について「彼にとって球団の規模や時差は大した問題ではない。エンゼルスとはとても強いつながりを感じた。そして、彼が次のレベルに到達するために最高の環境というように感じられた」と話した。
 
 大谷争奪戦にはメジャー全球団が興味を示したが、ポスティング申請後には早々に移籍先を7球団に絞った上で面談を実施するなど、素早い動きを見せていたが、申請から約1週間で移籍先を確定するスピード決着となった。
 
 なお、エンゼルスは大谷には新労使協定によって制限される、ドラフト対象外の外国人選手との契約金枠で同球団が確保していた231万5000ドル(約2億6200万円)が契約金として支払われ、日本ハムには譲渡金として2000万ドル(約22億7000万円)が支払われる。

スポンサードリンク