データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【MLB】ヤンキース・田中、7回零封の快投!ア軍先発・カイケルはKOで第1戦の雪辱晴らす

2017/10/19

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は、18日(日本時間19日)に本拠地で行われているア・リーグ優勝決定シリーズ第5戦であるヒューストン・アストロズ戦に先発登板し、7回を103球・3安打・8奪三振・1四球・無失点と好投した。
 
 アストロズの先発は第1戦で7回無失点の好投を見せた、2015年サイ・ヤング賞左腕のダラス・カイケル。難敵が相手となったが、田中は一歩も引けを取らない好投を見せ、打線の援護も呼び込んで前回登板のリベンジを果たした。
 
 初回、田中は二死から三塁手のT.フレイジャーの失策でアルトゥーベに出塁を許すも、続く主砲・コレアを三ゴロに打ち取る上々の立ち上がりを見せる。
 
 2回は先頭のグリエルに二塁打を浴び無死2塁のピンチを招いたが、後続を3者連続ゴロアウトに仕留めピンチを凌ぐ。3回一死から走者を背負うも後続をシャットアウト。
 
 4回は三者凡退に抑え、5回には安打と四球で一死1・2塁のピンチを招いたが、1番のスプリンガーを速球で見逃し三振、レディックをスプリッターで空振り三振に仕留めた。
 
 その後の6回・7回を三者凡退に抑えた田中は、球数が100球を超えていたこともありこの回で降板となった。
 
 そして、打線も田中の好投に応える。ヤンキースは2回にバードの適時打で1点を先制し、3回にはジャッジの二塁打で1点を追加。
 
 5回にはサンチェス・グレゴリアスに適時打が飛び出し、ここでカイケルをKO。第1戦のリベンジを果たす形となった。なお、ヤンキースは7回にもサンチェスのソロ本塁打で1点を追加し、リードを5点に広げている。

スポンサードリンク