データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【MLB】ダルビッシュ、6回途中1失点で降板 突如制球を乱し頭部死球を与え交代

2017/10/10

text By

photo

Getty Images

タグ: , ,



 ロサンゼルス・ドジャースのダルビッシュ有投手が9日(日本時間10日)、ナ・リーグ地区シリーズ第3戦のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦に先発登板。5回まで快投を続けていたが、6回に突如制球を乱し交代。5回0/3、74球、2安打、無四球、7三振、1失点で降板した。チームは3-1でリードしている。
 
 初回にベリンジャーの内野ゴロの間にドジャースが1点を先制すると、ダルビッシュは初回に技ありバント安打を許すも、完璧な投球を披露。カットボールとスライダーをうまく組み合わせ、相手打線を翻弄する。
 
 5回にはポストシーズンで当たりが止まっていたベリンジャーがソロ本塁打を放ち、ドジャースが貴重な追加点を挙げる。
 
 ダルビッシュは5回裏に2死からデスカルーソに甘い変化球を捉えられ右中間にソロ本塁打を浴びこの日初失点。ダイヤモンドバックスに流れが傾きかけたが、続くマシスの一塁スタンド方向へのファウルボールをベリンジャーがダグアウトに落ちながら捕球するスーパープレーで流れを引き戻す。
 
 すると、6回にダルビッシュの女房役のバーンズが左翼スタンドへソロ本塁打を放ち、再び2点差とするも、6回裏にダルビッシュが突如制球を乱し、ウォーカーのヘルメットのつばに球を当て、死球を与えたところで交代。この日の成績を5回0/3、2安打、無四球、7三振、1失点で降板した。

スポンサードリンク