データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【MLB】カブスが2安打完封リレーでナショナルズに先勝 リゾが2打点

2017/10/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



 シカゴ・カブスは6日(日本時間7日)、敵地で行われたナ・リーグ地区シリーズ第1戦でワシントン・ナショナルズを3-0で下した。先発のヘンドリックスの好投でナショナルズ打線を完封リレー。投手戦を制した。
 
 ナ・リーグは今日から地区シリーズが始まる。カブスの先発はヘンドリックス、ナショナルズの先発はストラスバーグで試合は始まった。
 
 試合は両先発が好投。ストラスバーグはカブス打線相手に5回まで無安打8三振と完璧な投球。しかし、打線もヘンドリックスを打ち崩せず、5回まで無得点となる。
 
 すると、6回にカブスのバイエズがレンドンの失策で出塁すると、2死二塁からブライアントが右前適時打を放ち、カブスが先制。さらに続くリゾは右翼にライナーを放ち、右翼手ハーパーが飛びつくもあと一歩及ばず、適時打となりカブスが2点目を獲得する。
 
 ヘンドリックスは序盤はピンチを背負うなど走者を出していたが、2回以降は7回まで無安打投球。8回にはリゾが再び適時打を放ち3点差とすると、8回裏はエドワーズ・ジュニアが完璧なリリーフ。そして、9回裏は抑えのデービスがナショナルズ打線を寄せ付けず、2安打完封リレーを飾った。
 
 ストラスバーグも7回3安打、1四球、10三振、2失点(自責0)と好投するが、援護がなく、ナショナルズは初戦を落とした。

スポンサードリンク