データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【MLB】ダルのトレード相手がメジャーデビュー! プロ初打席で適時打&ダイビングキャッチと才能披露

2017/09/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



 ロサンゼルス・ドジャースに所属するダルビッシュ有投手のトレード相手となったテキサス・レンジャーズのウィリー・カルフーン外野手が、12日(日本時間13日)の試合でメジャーリーグデビューを果たした。
 
 7月31日のトレード期限ギリギリに決定したトレード。レンジャーズはダルビッシュ有投手をドジャースに送り、ウィリー・カルフーン外野手、AJアレクシ投手、ブレンダン・デービス内野手の3選手を獲得。3選手の中で最も評価が高い選手がカルフーンだ。
 
 そして、12日のシアトル・マリナーズ戦で「7番・左翼」としてメジャーデビューを果たすと、2回にチャンスで回ってきた初打席で一二塁間を破る適時打を放ち、期待に応えてみせる。
 
 その後は2打席凡退となったが、8回にはシーガーの左翼前への打球をダイビングキャッチで捕球する好プレーを披露。8回裏は中飛に打ち取られ、メジャーデビュー戦を4打数1安打1打点で終えた。
 
 カルフーンは2015年ドラフトでロサンゼルス・ドジャースから4巡目で指名された22歳の内野手兼外野手。身長は173センチと小柄だが、パンチ力のある打撃が魅力で、今季の開幕前には『ベースボール・アメリカ』の有望株ランキングでは球団5位にランクイン。シーズンではトリプルA級で打ちまくり、打率.300、31本塁打、93打点を記録した。
 
 ダルビッシュのトレード相手ということで、米国でも注目を浴びているカルフーン。上々の内容のメジャーデビューで、今後の活躍にも期待だ。
 

スポンサードリンク