データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【MLB】バーランダー、アストロズへ電撃トレード 昨季は16勝と復活

2017/09/01

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 デトロイト・タイガースのエース、ジャスティン・バーランダー投手が、31日(日本時間1日)にヒューストン・アストロズへ1対3でトレードされたと、両球団が発表した。
 
 プレーオフに出場するためには8月31日中にチームに所属していなければならない。この日はバーランダーがトレードされるのかが注目されていた。1日を迎える直前まで交渉は続き、直前で決定。アストロズへマイナーの有望株3選手とトレードされたとジョン・ヘイマン記者らが速報した。
 
 バーランダーはタイガース一筋で2度のノーヒットノーランを達成したエース。9回に突入しても160キロを超える速球を武器に、2011年には24勝5敗、防御率2.40、250三振の驚異的な成績で投手三冠を獲得し、サイ・ヤング賞も受賞。2013年以降、成績は下り坂だったが、昨季に復活。16勝9敗、防御率3.04、254三振で、サイ・ヤング賞投票で2位に入った。
 
 今季は、この日までに10勝8敗、防御率3.82、176三振の成績だが、チームは絶不調。主力を放出して再建期へと突入している。そのため、バーランダーも7月末のトレードデッドラインのタイミングでも移籍に関する様々な噂が流れていた。
 
 ちなみにタイガースは同日に今季打率.279、28本塁打、94打点と活躍しているジャスティン・アップトン外野手をロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムへとトレードしたばかりだった。
 
 アストロズはバーランダーというプレーオフの経験も豊富な先発投手を加え、投手陣を強化してプレーオフに向けて戦う。そして、洪水被害が続くヒューストン地区へ勇気を与えるトレードとなった。

スポンサードリンク