データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【MLB】がん克服の右腕 復帰戦で7回無失点と好投 相手チームも試合中に復帰を祝福

2017/08/15

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 コロラド・ロッキーズのチャド・ベティス投手が、14日(日本時間15日)に本拠地でのアトランタ・ブレーブス戦に先発登板。ベティスは昨年11月に見つかったがんとの戦いを克服。この日が復帰登板となり、7回を投げ6安打、無四球、2三振、無失点の活躍でマウンドを降りた。
 
 ベティスは14勝8敗と活躍した昨季シーズンオフの11月に精巣がんが発覚し、手術を受け睾丸を切除していた。早期の治療から術後は順調で早期復帰が予定されていたが、3月のキャンプ中にがんがリンパ節に転移していることが判明。化学療法に移行し、マウンドからは離れていた。
 
 そして、この日ようやく復帰登板となったベティスは、先頭のインシアーテの左翼への飛球にパーラが飛び込むも後ろに逸らすが、ランニングホームランを狙った打者走者を中継プレーで刺し、失点を防ぐという珍しいプレーから始まった。
 
 その後は、ピンチを作るも粘りの投球が続き、7回まで無四球無失点投球。8回のマウンドには上がらずに復帰戦を7回、6安打、無四球、2三振、無失点という完璧な投球で終えた。

 
 チームは8回裏にパーラとゴンザレスの適時打で3点を勝ち越したロッキーズが3-0で勝利。ベティスには白星はつかなかったが、チームは接戦を制した。
 
 また、この日はツイッター上で#TogetherForBettisのハッシュタグを使ってベティスの復帰を全米が歓迎。対戦相手のブレーブスも試合中に「今夜、あなたが戻ってくるのを見ることができて嬉しい」と帽子を取るGIFつきでツイートした。また、レンジャーズやヤンキースなど数多くの球団もベティスの復帰を喜ぶツイートを投稿し球界中が祝福した。
 
 多くの人に勇気を与えるベティスの復帰登板だった。彼の今後の活躍にも注目だ。