データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【MLB】ダルビッシュ、5回10Kで8勝目 制球に苦しみながらも移籍後2連勝

2017/08/11

text By

photo

Getty Images

タグ: , ,



 ロサンゼルス・ドジャースのダルビッシュ有投手が、10日(日本時間11日)に敵地でのアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦に先発登板。5回を投げ106球、5安打、2四球、10三振、2失点で移籍後2連勝とする8勝目を手に入れた。
 
 移籍後2戦目となったダイヤモンドバックス戦は、初回に味方がヘルナンデスの3点適時打でいきなり援護点をもらう。
 
 ダルビッシュは先頭打者に安打を打たれるも、後続を打ち取り無失点。この日は制球が定まらずに初回はすべての打者に対してフルカウントとするが、キレ味鋭いスライダーと直球でダイヤモンドバックス打線を抑えた。
 
 3回は先頭のマルテを四球で歩かせると、犠打で送られ、暴投で三塁へ。ペラルタに適時内野安打を打たれ移籍後初失点を喫し、4回にはマルティネスに甘い直球を右中間スタンドへ運ばれてしまう。
 
 しかし、ドジャース打線が5回にテイラーのソロ弾などで3点を追加し、6-2と再びリードを広げると、5回裏のダルビッシュは先頭のペラルタをストレートの四球を出すも、続く3人を圧巻の三者連続三振に打ち取り、この回限りでマウンドを降りた。
 
 この日のダルビッシュは5回を投げ106球、5安打、2四球、10三振、2失点と球数は多くなったが粘りの投球でダイヤモンドバックス打線を抑えた。
 
 試合は、6回に両チーム2点を取り合い、さらにダイヤモンドバックスがドジャースのリリーフ陣をとらえるが、9回は絶対的な守護神のジャンセンが抑え、ドジャースが8-6で勝利。ダルビッシュには8勝目が記録された。
 
 移籍後2試合で連勝を飾ったダルビッシュ。チームの期待に応える投球で絶好調のチームに早くも欠かせない存在となっている。

スポンサードリンク