データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【MLB】ダルビッシュ、絶好調アストロズ相手に粘投も力尽き6勝目ならず 5回3失点で降板

2017/06/03

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



 テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手が、2日(日本時間3日)に本拠地でのヒューストン・アストロズ戦に先発登板。5回にコレアに3ラン本塁打を浴び、5回を、7安打、1四球、8三振、3失点で降板した
 
 降雨の影響で試合開始がおよそ2時間遅れた試合は、初回にダルビッシュは安打と盗塁でピンチを迎えるも、4番・コレアから空振り三振を奪い無失点。2回も得点圏に走者を背負うが危なげない投球で0点に抑える。
 
 3回には青木との対戦。第1打席は直球で左飛に打ち取った。この回も得点圏に走者を背負うが、コレアから2打席連続で三振を奪い、無失点。両チーム0点の展開が続く。
 
 4回も無失点に抑えるが、一方でこの日のダルビッシュはで球数を多く要する投球となった。そして、5回に青木を打ち取った後、2死から連打を浴びると、この日チャンスで2三振に抑えていたコレアに左中間に先制3ラン本塁打を許してしまう。ダルビッシュは6回のマウンドには上がらずに、5回を104球、7安打、1四球、8三振、3失点で降板した。
 
 一方のレンジャーズ打線は、アストロズ先発のカイケルに5回まででわずか1安打と封じられている。ダルビッシュの今季6勝目とはならなかった。