データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【MLB】ダルビッシュ、6回2失点の好投で今季3勝目!同僚・ゴメスはサイクル安打達成

2017/04/30

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 29日(日本時間30日)、テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手は本拠地で行われたロサンゼルス・エンゼルス戦に先発登板し、6回を125球、3安打、10奪三振、4四球、2失点の好投で今季3勝目を手にした。
 
 ダルビッシュは3回までに6奪三振を奪い無失点と序盤はつけ入る隙を与えない投球を見せていたが、4回にトラウトの適時二塁打、プホルスの犠飛で2点のリードを許してしまった。
 
 しかし、失点直後の5回はこの日2回目となる3者連続三振を奪い、味方の援護を待った。
 
 すると、打線が好投を続けるダルビッシュに応えた。5回に女房役・ルクロイが二塁打で出塁しチャンスを作ると、マザラの適時打、ゴメスの適時三塁打で同点に追いつく。そして、4番・オドーアが右翼ポール直撃の勝ち越し2点本塁打を放ち、リードを奪った。
 
 ダルビッシュは援護を貰った直後の6回に3四球を与え満塁のピンチを招いたが、後続を打ち取り無失点で切り抜けた。
 
 ダルビッシュ降板後の7回には、3番に入っているゴメスが2点本塁打を放ち、自身2度目のサイクル安打を達成した。身体能力に優れる同僚は、リードを広げると共に、偉業を成し遂げた。
 
 そして、7回以降はレクラーク、ケラが1イニングずつを無失点、クローザーのブッシュは味方の守備の乱れもあり1点を失ったが、味方のリードを守り抜き試合を締めた。 

スポンサードリンク

shiro