データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【MLB】川崎、古巣・トロントからも日本復帰を惜しまれる「ファンから愛され、絶大な人気を誇った」

2017/04/08

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



 福岡ソフトバンクホークスの川崎宗則内野手の日本球界復帰が、2013~2015年に所属していたトロント・ブルージェイズの本拠地・トロントでも惜しまれている。
 
 カナダ紙「スポーツ・ネット」では6日付で、惜しくもブルージェイズを去ってしまった選手を紹介する特集を掲載。
 
記事では、エドウィン・エンカーナシオン(現クリーブランド・インディアンス)、アダム・リンド(現ワシントン・ナショナルズ)、ノア・シンダーガード(現ニューヨーク・メッツ)、R.A.ディッキー(現アトランタ・ブレーブス)などといったビッグネームに並び、川崎もその内の1人として紹介されている。
 
 ムードメーカーとしてチームメイトやファンに大きな影響を与え、正遊撃手のホセ・レイエスが故障した際には代わりに遊撃を務め、レイエス復帰後も二塁手として出場するなど、川崎はブルージェイズに様々な功績を残してきたことで、未だにトロントでは人気が高いようだ。
 
 川崎は昨季、シカゴ・カブスで14試合に出場。ポストシーズンでは、ロースター入りをしていないにも関わらず、チームに帯同し、ベンチやクラブハウスでチームメイトを鼓舞し続けた。そして、108年ぶりとなるカブスのワールドシリーズ制覇に立ち会った。
 
 しかし、カブスはファンから愛され、絶大な人気を誇った35歳の川崎をスプリング・トレーニング終盤で放出。川崎は数日後に帰国し、ソフトバンクと契約となったことを紹介している。
 
 また、同記事では「おそらく、川崎のメジャーでのキャリアは終わってしまったが、ヤフオク!ドームでの入団会見を見る限りでは、川崎は全く意気消沈していないだろう」と評している。
 
 米国、カナダで一躍人気者となり、多くのファンの心を掴んだ川崎。復帰したソフトバンクでも、持ち前の明るさでチームを盛り上げたいところだ。
 

スポンサードリンク

shiro