データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【MLB】イチローは代打で二ゴロ。田澤は同点から勝ち越し弾を許す 

2017/04/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 マイアミ・マーリンズ対ワシントン・ナショナルズが6日、ワシントンD.C.のナショナルズ・パークにて行われ、マーリンズのイチロー外野手と田澤純一投手が揃って出場した。
 
 イチローは7回表の2死二塁とチャンスの場面で代打として出場。ナショナルズのグローバーの速球を叩くが、二ゴロ。今季初安打とはならなかった。また、守備には就かなかった。
 
 一方の田澤は2対2と同点とした8回裏に4番手として登板。前回登板は1死も取れずに降板したが、この日は先頭のハーパーを一ゴロに打ち取ると、続くマーフィーを右飛に抑え、二死とする。
 
 しかし、5番・ジマーマンにはカーブボールを完璧に捉えられ、一度は三塁打となったが、ビデオ判定の結果本塁打とされ、勝ち越しを許す。田澤は2試合連続の自責点ということになった。続くレンドンは一飛に打ち取った。
 
 9回表にマーリンズがすぐに追いつき、田澤の負けを消し、延長戦へ突入。雨のため試合開始が遅れ、試合中にも豪雨で中断となった試合は、10回表にボーアが勝ち越し打を放ち、マーリンズが勝利。今季初勝利を飾った。

スポンサードリンク

shiro