データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【MLB】ヤンキース・田中は開幕戦で3回途中7失点とKO。チームの期待に応えられず

2017/04/03

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



 現地時間2日(日本時間3日)、ア・リーグ東地区開幕戦となるニューヨーク・ヤンキース対タンパベイ・レイズの一戦が、米フロリダ州・トロピカーナ・フィールドで行われている。
 
 この試合には、ヤンキースの開幕投手となった田中将大投手が登板していたが、3回途中7失点とKOされてしまった。
 
 初回、無死から連打で2・3塁とピンチを作ると、3番ロンゴリアの右犠飛の間に1点を失う。その後も連打と四球で1死満塁のピンチを作ると、6番モリソンに二遊間を破る2点適時打を浴び、初回3失点と立ち上がりを攻められる形となった。
 
 2回表の攻撃で味方が2点を返し反撃ムードが漂ったが、田中は2回にも四球から失点を許してしまう。2回にも二死を奪った後、2番キーアマイヤーに四球を与えると、3番ロンゴリアにカッターを左翼スタンドギリギリに運ばれ2失点。
 
 3回も調子が上がらない。一死を奪った後、6番モリソンにスプリットを右中間スタンドに運ばれ1失点。7番ベッカムにも二塁打を浴びると、8番スミスのバント処理で捕手・サンチェスが悪送球の間に再び1点を失う。
その後、9番ノリスを右飛に打ち取ったところで降板となった。田中は2回2/3を被安打8、7失点という内容であった。
 
 オープン戦で好調を維持していただけに、悔しい結果となってしまった。試合は、3回裏終了時点で2-7とレイズがリードしている。

スポンサードリンク