データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



日本の野球に〝遊び〟を。大谷翔平は十刀流を目指せ!【川﨑宗則、単独インタビュー③】

2014年はトロント・ブルージェイズで82試合に出場、プレーだけでなく、そのキャラクターもファンやチームメイトから愛された川﨑宗則。海をわたって3年間、メジャーでプレーして川﨑は何を感じたのか。日本とアメリカの野球の違いはあるのか? そして国内が注目している2015年の所属先について、そのビジョンはいかに……。自主トレ中の本人に直撃インタビューを行った。3回目は、アメリカに行って逆にわかった、日本のプロ野球についてだ。

2015/01/05

text By

photo

baseballchannnel

タグ: , , , , , , ,



大谷は、『野球の申し子』だ!

――2刀流で話題の大谷選手についての印象は?
 
川﨑 野球をするために生まれてきたような男だなと。野球の申し子とは、大谷翔平のことだと思います。彼こそ、申し子ですよ。僕は、『おはようKジロー』っていう漫画が大好きなんですけど、その4番でセカンドのKジローってすごいんですけど、それ以上の人が現れた!それが大谷翔平です。
 
――将来的にメジャーでの活躍を見たいと思っている、野球ファンも大勢います。
 
川﨑 メジャーに行くか行かないかとか、別に興味ないんですよ。彼は、彼の好きなようにやればいい。彼らしく持っている信念のままに、野球を目一杯楽しんでもらって、〝ENJOY PLAY〟してもらって、球を投げるとか打つとかみんな二刀流と騒いでいますけれど、僕は野球選手は二刀流じゃ足りないと思うんです。やっぱり十刀流ぐらいないとダメですよ。大谷君も二刀流ワーワー言っているようじゃダメ、やっぱり十刀流ぐらいまで行ってほしいですね。
 
――さて、ご自身の来季の働き場はどういった基準で判断しますか?
 
川﨑 僕はやっぱりやりたいことを基準に考えています。今日やりたいことと明日やりたいことが変わるのが僕の性格なので、今日は日本でやりたいと思っているかもしれないし、明日はアメリカでやりたいと思っているかもしれない。その時の基準なんですけど、いま毎日トレーニングしながらいろんなこと考えているので、楽しいプレーを見せられる練習を、毎日続けたいですね。
 
――メジャーではコミュニケーションも大事だと思います。2014年は、川﨑選手のユニークなインタビューが話題になりました。英語でインタビューに答えるときに意識していることはありますか?
 
川﨑 何も意識してないです。意識していたら英語なんて出てこないですから。とにかく英語は喋ることを頑張って、とにかく自分が思い描いた英語、出てくるものをとにかく喋る。だってわからない英語は出てこないけれど、わかる英語は出てくるわけだから、わかる英語をとにかく喋っていくと……まあそれだけですよね。たとえば犬なのに、犬が出てこなくてキャット、キャットって言っていても、なんとなく犬も猫も一緒みたいなものなんですよ。ヒッヒッヒッ(笑)。大雑把に考えてね。
 
※川﨑選手の第4回(全4回)のインタビューは、1月7日更新予定です。
 
-----------------------
川﨑宗則(かわさき・むねのり)
1981年6月3日生まれ、鹿児島県出身。鹿児島工から1999年ドラフト会議において、福岡ダイエーホークスに4位指名され、入団。3年目の2003年からレギュラーに定着。その後は球界を代表する、ホークスの不動の遊撃手として活躍した。2012年に憧れのイチローを追いかけて、シアトル・マリナーズへ入団。翌年、トロント・ブルージェイズへ移籍。2014年は82試合に出場した。ムードメーカー的な存在で、国内外問わず、多くのファンから愛されている。

1 2