データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【MLB】ダルビッシュ、ストレート狙い打たれ4被弾で撃沈。「野球は今日みたいなことも起こりうる」

現地時間7日、本拠地グローブライフパークで、アメリカンリーグ地区シリーズのブルージェイズ戦第2戦に登板したダルビッシュ。ブルージェイズの一発攻勢の前に沈んだ。

2016/10/08

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



調子は悪くはなかったダルビッシュ

 相手のブルージェイズはワイルドカードをサヨナラ勝ちで突破。
 地区シリーズ初戦もレンジャーズの勝ち頭、ハメルズから7点を奪い勝利しており、元々メジャー屈指の強力打線は、拍車をかけるように勢いに乗っていた。

 そんなブルージェイズ打線を相手にしたダルビッシュは初回8球で上々の立ち上がり。しかし2回、先頭のバティスタを四球で歩かせると、1死後6番のトロウィツキーに2点本塁打を浴びて先制を許す。

 3、4回は無失点で切り抜け、4回に2番デズモンドのタイムリーで味方が1点を返す。

 点を取ってもらった直後の5回表、しっかり抑えたいところで、先頭の8番ピラーに高めに抜けたボール球をレフトスタンドへ運ばれると、1死後1番カレーラにも被弾。さらに2死から3番エンカーナシオンに一発を浴びて、この回まさかの3被弾。結局ダルビッシュは5回表を投げ切って降板。5回5失点で敗戦投手となり、ダルビッシュでもブルージェイズの勢いを止めることはできなかった。

『dallasnews.com』のブラッド・タウンセンド記者は「ダルビッシュはポストシーズンの不運に見舞われた」と題し、試合後のダルビッシュのコメントを報じた。

“”It’s not like I was feeling bad,” Darvish said through an interpreter. “But I wasn’t feeling super good, either. And baseball, like in the regular season, you look back and things like this happen.”
調子自体はそんな悪くはなかったけど、かといって特別良かったわけでもないですね。そして野球というスポーツでは、シーズン振り返ってみると今日みたいなことも起こりうるということです。

スポンサードリンク

1 2

shiro