データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



MLB屈指の安打製造機、イチローは42歳になってもアンタッチャブルな男だった

シーズンが始まる頃、MLB通算3000本達成が危惧されていたマイアミ・マーリンズのイチロー。しかしそんな心配とはうらはらに、チャンスをものにし、記録達成へと着実に近づいている。

2016/05/30

text By

タグ: , , , , , , , , ,



42歳で3試合10安打をマークしたのは122年ぶり

 42歳のイチローは現地5月21日のワシントン・ナショナルズ戦で4安打を記録。1日置いた23日のインターリーグ、タンパベイ・レイズ戦でも4安打を記録。
 3試合で10安打と言う大当たりを見せた。42歳でのこの記録は、1894年にキャップ・アンソンが記録して以来122年ぶりだ。

 イチローは、21世紀ではダントツの安打製造機だ。21世紀以降のMLBの安打数5傑。

1. イチロー  2395試合 2961安打 打率.314

2. アルバート・プホルス 2323試合 2707安打 打率.310

3. エイドリアン・ベルトレ 2249試合 2479安打 打率.285

4. デレク・ジーター 1961試合 2457安打 打率.286

5. ジミー・ロリンズ  2254試合 2436安打 打率.264

 同期のプホルズとは254安打差。イチローは今世紀、誰よりも多くの安打を打ってきた。

 そのハイライトはなんといっても2004年のMLBシーズン安打数の更新だろう。
 イチローは、ジョージ・シスラーが1920年にマークした257安打を84年ぶりに更新し、262安打を記録した。

スポンサードリンク

1 2
shiro