データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【MLB】岩隈にもプラス? 内野守備シフトを積極的に活用する2016年のマリナーズ

新GM・新監督で2016年シーズンを迎えたシアトル・マリナーズ。昨年まで少なかった守備シフトを今シーズンは多く活用すると、サービス監督は明言している。球界でも主流となってきている戦術がチームにプラス効果を生み出すか。

2016/04/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



守備シフトを積極的に取り入れる新体制

 ジェリー・ディポート新GMが就任後、最初に着目したのはチームの守備力強化、そしてホームであるセーフコ・フィールドの特性を活かすことだった。

 オフに補強した外野手レオニス・マーティンと青木宣親からもその意図は読み取れるが、今シーズンはさらに内野守備にも趣を置いている。

 シアトル・マリナーズは昨シーズン、守備シフトを敷いた回数はMLBの中でも少ないほうだった。だが実質オープン戦であるカクタスリーグでの戦いからスコット・サービス新監督とコーチ陣が今までとは違った戦術で取り組んでいたのは明らかだった。それはレギュラーシーズンが開幕しても変わることはない。

「守備のシフトを敷くことは効果的だということを選手に説得することは難しいことではなかった」とサービス監督は明かす。

“It’s actually pretty easy, because they look and see how they’re getting defended, A lot of teams in the league are doing it against us. We talked about it early in camp. It was one of our chalk-talk sessions, explaining why we’re doing it and the different formations that we’ll use, so the players are very comfortable.”
「自分たちが相手にどう守られているかを見て知っているため、(説得するのは)実は簡単なことだ。多くのチームが自分たち相手に(シフトを)使ってきている。キャンプ序盤でも話し合った。黒板とチョークを使った講義の内容の一つだった。選手たちにも受け入れやすくするため何故(シフトを)使うのか、そして我々が使う様々な形を説明した」

スポンサードリンク

1 2 3

shiro