データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【MLB】カブス川崎宗則、厳しい開幕メジャー。マッドン監督からは変わらぬ高評価も

内野手枠本命のトミー・ラステラが順調に回復し、川崎宗則の開幕メジャーは厳しい道のりだ。それでもマッドン監督は高い評価を送り続ける。

2016/03/26

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



開幕メジャーは厳しくも、指揮官からは高い評価

 球団の公式サイトでも特集が組まれるほど、川崎宗則も開幕メジャーの有力候補の一人に上がっている。果たしてベンチ枠を勝ち取る可能性があるのか。マッドン監督はこう明言した。
 
“More than likely it’d almost be an injury situation to dislodge [someone else],” I’m just being honest. I also know that if he was part of this group, I’d be really happy about it in a heartbeat. And everybody else would be, too.”
「誰かを押しのけるためには、おそらく怪我が起こった場合に限るだろう。ただ正直に言っているだけだ。同時に(川崎が)このグループの一員になることが決まれば、私はすぐさまうれしい気持ちになることもわかっている。それはみんなも同じだと思う」

 マッドン監督は川崎についてさらに高い評価を送る。
 
“He’s a good baseball player, He’s a great fit. He’s a great fit on any team, because he’s a real fundamental baseball player. What you’re seeing now is not flukish. I saw it in Toronto. I did not want to see him in a game, based on his abilities and his energy. He works a good at-bat, can bunt. He’s been almost flawless on defense, he runs well.
「彼は優れたベースボール・プレーヤーだ。チームにうまくフィットする。基礎ができている選手なので、どのチームに行ってもうまくフィットする。今見ている彼の姿はまぐれ当たりではない。トロントでの彼も見ていた。能力とエネルギーに基づけば、(対戦相手としては)試合に出て欲しくなかった。打席を無駄にせず、バントも決めてくる。守備でもほとんどミスがなく、走塁も優れている」
 
 スプリングトレーニングも終盤を迎え、開幕ロースターに入るのはマッドン監督も話す通り厳しい道のりかもしれない。だが最後まで何が起こるかわからない。そして開幕メジャーを果たせなくても、チームにさえ残っていればスプリングトレーニング中に得た信頼でいずれシーズン中にチャンスを与えられる可能性はあるだろう。
 
 
出典: La Stella taking cautious approach with calf by Carrie Muskat in MLB.com on March 23, 2016

1 2





  • 記者募集