データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【MLB】リハビリ順調のダルビッシュ。復帰時期は5月に変更なしも、異例の投球制限撤廃か

トミー・ジョン手術から復帰を目指すダルビッシュ有。リハビリは順調に進んでいる。

2016/03/22

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



凄みを増してきたダルビッシュ

「ブルペン」の「ブル」は闘牛を意味する。闘牛場に臨む前の闘牛たちを囲う場所、というのが由来とされる。まさに闘志をたぎらせるテキサスの荒牛といったところか。

 トミー・ジョン手術から復活を目指すレンジャーズ・ダルビッシュ有の球筋が、日増しに凄みを帯びてきた。

 19日はブルペンから6度目の投球練習。速球と変化球を9球ずつ、計18球の投げ込みを行った。

 見守ったダグ・ブロケイル投手コーチは「きょうは本当にすごく良かったよ。ほとんどの球種を投げたが、特にスライダーは今までの中で一番良かった。2日前のスライダーはいいブレーキが効いていたが、ストライクゾーンからは外れていた。きょうのはゾーンに決まっていたね」と絶賛した。

 同コーチによれば、本来なら前回投球から中2日空け、20日の投げ込みを想定していたという。それを本人から中1日での投球を申し入れてきた。「中2日の間隔が合わない時があったようだ。それならば構わない」と投球を許可した。

 次回は21日の投球を予定し、球数は30球に増やす。うち24球が速球になるという。「ここから2週間は彼の腕の筋力を取り戻し、どう反応するかを見る期間だ」と同コーチは説明した。

「彼はもっと投げたい、変化球を試したい、と言ってくるかもしれない。でもタイムラインは変えられない。復帰は5月中旬以降だ。プレーオフで活躍してもらわないと困る投手だからね」

【次ページ】後半戦のキーマンに

スポンサードリンク

1 2

shiro