データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【MLB】前田のオープン戦登板間隔に見る、日本人投手1年目から成功に導くドジャースのノウハウ

ドジャース・前田健太の登板日が決まった。まずは中4日からスタートし、その後中5日での登板が予定されている。

2016/02/29

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



中4日の過ごし方を把握する目的

 ドジャース・前田健太のオープン戦の全6試合の登板予定が決まった。キャンプ地でリック・ハニーカット投手コーチが発表したところによると、初登板は3月5日のダイヤモンドバックス戦。
 
 その後は10日にアスレチックス戦、15日にホワイトソックス戦、20日のブルワーズ戦かパドレス戦、26日にマリナーズ戦かホワイトソックス戦。最後が本拠地ドジャースタジアムへ舞台を移して行われる4月1日のエンゼルス戦を予定しているという。
 オープン戦を順当にこなせば、レギュラーシーズン初登板は4月6日のパドレス戦となりそうだ。
 このローテーションを見ただけでも、ドジャースが寄せる期待の大きさと、メジャーへの適応を図るための配慮が見て取れよう。
 
 オープン戦初登板から4試合目までは、全て中4日。その一方で2~3イニングと短いイニング数に限定し、余計な負担は掛けない。必要な球数に達すれば、イニング途中であろうと投手交代はためらわないという。
 
「彼にとって、まず取り組んでもらいたいことは中4日の間隔を覚えてもらうこと。メジャーの水に慣れてもらいたい」とアンドルー・フリードマン球団社長。日本時代には数えるほどだった中4日の過ごし方を、可能な限り少ない負担で学ばせようということだ。

スポンサードリンク

1 2 3
shiro