データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【アメリカの眼】野茂英雄氏、パドレスのアドバイザーに就任。日本ハム・大谷ら日本人選手獲得の布石か

サンディエゴ・パドレスはベースボール・オペレーションズのアドバイザーとして野茂英雄氏が就任すると発表した。

2016/02/12

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



将来的な日本人選手獲得の可能性

 地元紙『サンディエゴ・ユニオン・トレビューン』でも同ニュースを扱い、デニス・リン記者はパドレスが将来的にアジア人選手獲得を目指す動きを推測した。
 
“The Padres are hoping to tap into the Asian talent market in the near future. Members of the front office went on a goodwill trip to Japan in November, and the Padres are hosting the Hokkaido Nippon-Ham Fighters’ spring training camp in Peoria, Ariz. General Manager A.J. Preller and other Padres executives watched Shohei Otani, Japan’s top young arm, pitch Wednesday.”
パドレスは近い将来アジア市場での選手獲得を望んでいる。11月にはフロントから数名が親交を深めるために日本訪問をしており、現在は北海道日本ハムファイターズの春季キャンプを(同チームの施設がある)アリゾナ州ピオリアで開催している。A.J.プレラーGMと他のパドレスの取締役たちは、日本でトップの若手投手である大谷翔平の投球を水曜日は視察していた。
 
 1995年ナショナル・リーグの新人王を受賞し、日本人初となるオールスターに選出され、その後の日本人選手の道筋を作った野茂英雄氏。日本でも2014年には野球殿堂入りを果たした。日米で実績を兼ね揃え、メジャーリーグで活躍する日本人選手のパイオニアとなった男が今後サンディエゴ・パドレスのアジア展開にどんな役割を担っていくのか注目したい。
 
出典: Padres hire Nomo as baseball ops advisor in MLB.com by Corey Brock on February 11, 2016
Padres hire Hideo Nomo in The San Diego Union-Tribune by Dennis Lin on February 11, 2016

1 2





  • 記者募集