プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平、2年連続でハンク・アーロン賞逃す。米メディア「素晴らしいシーズンを過ごしたが…」【海外の反応】

2022/11/10

text By

photo

Getty Images



大谷翔平最新情報

 米大リーグ機構(MLB)が9日(日本時間10日)、2022シーズンのハンク・アーロン賞の受賞者を発表した。アメリカン・リーグからはニューヨーク・ヤンキースで活躍したアーロン・ジャッジ外野手が選出され、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は2年連続で受賞を逃している。米メディア『スポーツ・イラストレイテッド』が報じた。

 

 
 ジャッジは今季、62本塁打を放ち、1961年にロジャー・マリス氏が樹立したア・リーグのシーズン最多本塁打記録を更新。三冠王は逃したが、本塁打王と打点王の二冠を達成している。一方で大谷は投手として15勝を飾りながら、打者としてア・リーグ4位の34本塁打を放ち、二刀流で印象的な活躍を見せていた。
 

 
 どちらの選手も驚異的なパフォーマンスを披露したが、投票によりジャッジが今季のハンク・アーロン賞を受賞している。同メディアは「大谷とトラウトは打席で素晴らしいシーズンを過ごしたが、賞を持ち帰ったのはジャッジだった。投票者を責めることは出来ない」と伝えた。