プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平、27号などで見せ場作るも…3連敗に米記者は唖然「今季のエンゼルスは全体的に悪い内容だが、マリナーズ戦は特に酷い」【海外の反応】

2022/08/18

text By

photo

Getty Images



大谷翔平最新情報

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は17日(日本時間18日)、本拠地シアトル・マリナーズ戦で「2番・指名打者(DH)」として先発出場を果たし、27号含む4安打4打点の活躍を見せた。しかし、チームは3連敗となり、米メディア『ジ・アスレチック』のブレント・マグワイア記者は唖然としている。

 

 
 大谷は初回の第1打席でマリナーズのカービー投手と対戦。右前打を放って4打席連続安打とすると、3回の第2打席は見逃し三振だったが、5回の第3打席で中前適時打を放ち2試合連続のマルチ安打をマークした。

 さらに、7回の第4打席では俊足を飛ばして三塁打。9回の第5打席では27号2ランを放った。しかし、大谷は多くの見せ場を作ったものの、エンゼルスは7-11の敗戦を喫し、これで3連敗となった。
 
 マグワイア記者は自身のツイッターに「今シーズンのエンゼルスは全体的に悪い内容だが、シアトル・マリナーズとのこのシリーズは特に酷い」と綴り、エンゼルスの惨状について語っている。