プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平、7回に代打送られ途中交代。エンゼルス監督代行が理由を説明「右前腕に軽い痙攣があった」【海外の反応】

2022/08/04

text By

photo

Getty Images



大谷翔平最新情報

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は3日(日本時間4日)、本拠地オークランド・アスレチックス戦で「2番・投手」として投打同時出場。投げては6回途中3失点で今季7敗目を喫し、打っては3打数無安打に終わった。7回の第4打席で代打を送られて途中交代したことについて、エンゼルスを率いるフィル・ネビン監督代行が明かしたと、米メディア『ジ・アスレチック』のサム・ブラム記者が伝えている。

 

 
 投手・大谷は初回と2回を三者凡退に抑えるも、マーフィーに2ラン本塁打を浴びるなどして3失点を喫し、6回途中で降板した。また、打者としては空振り三振、三直、遊ゴロに倒れ、7回2死の場面では代打を送られて途中交代し、試合を退いている。

 大谷が途中交代した理由について、ブラム記者はネビン監督代行が「大谷翔平は右前腕に軽度の痙攣があった」と説明したことを明かし、「明日は指名打者(DH)でメンバーに入るため、深刻ではないと思われる」と語ったと伝えている。