プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平、キャリアハイに並ぶ12奪三振! 米記者が高評価「素敵な夜だった」【海外の反応】

2022/04/21

text By

photo

Getty Images



大谷翔平最新情報

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地ヒューストン・アストロズ戦で「1番・投手」として先発登板を果たし、キャリアハイに並ぶ12奪三振を披露した。この活躍を受けて、米紙『USAトゥデイ』のボブ・ナイチンゲール記者が同選手に高評価を与えている。
 

 
 打者として2点二塁打を放つ活躍を見せた大谷は、初回裏に先発投手としてマウンドに立った。先頭ジェレミー・ペーニャ内野手とマイケル・ブラントリー外野手を空振り三振に仕留め、アレックス・ブレグマン内野手も左飛で三者凡退とする。

 2回も3人で終えると、3回と4回は相手打者を全て空振り三振に仕留め、6者連続三振をマークした。5回も無失点で切り抜けたが、6回は1死からジェイソン・カストロ捕手に初安打を打たれてしまう。それでもピンチを凌ぎ、今季初勝利の権利を得て降板となった。ナイチンゲール記者は自身のツイッターに「大谷翔平は6回、1安打、0失点、自己最多の12奪三振(うち6奪三振は連続)。素敵な夜だった!」と綴り、大谷に高評価を与えている。