プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



投手・大谷翔平が2連敗。メジャー初の満塁被弾を反省「本来の役割を果たせなかったと思う」【海外の反応】

2022/04/15

text By

photo

Getty Images



大谷翔平最新情報

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地テキサス・レンジャーズ戦で「1番・投手」として二刀流出場を果たしたが、連敗となった。試合後に自身のプレーを振り返ったと、米紙『オレンジカウンティ・レジスター』が報じている。
 

 
 投手・大谷は初回、ブラッド・ミラー外野手を見逃し三振とするも、続くマーカス・セミエン内野手の打球をホセ・ロハス外野手がエラーするなどして乱れ1死三塁のピンチを招く。それでもコーリー・シーガー内野手を空振り三振、ミッチ・ガーバー捕手を内野ゴロ打ち取り無失点で切り抜けた。

 しかし、2回もピンチを招くと、1死満塁からジョナ・ハイム捕手に満塁弾を浴びて逆転を許してしまう。3回は三者凡退に抑えるも、4回はウィリー・カルフーン外野手とハイムの連打で1点を失った。その後、2死を取ったところで降板している。
 
 試合後、大谷は自身のプレーを振り返り「良いスプリッターもあれば、良くないスプリッターもありました。満塁ホームランを打たれたのは良くなかった。本来の役割を果たせなかったと思います」と語った。