プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



菊池雄星の去就に米メディアが注目! ロックアウト終了後に交渉する可能性がある3つの移籍先候補【海外の反応】

2022/02/22

text By

photo

Getty Images



菊池雄星 最新情報

 米メディア『コール・トゥ・ザ・ペン』が、シアトル・マリナーズからフリーエージェント(FA)になった菊池雄星投手の去就に注目し、入団する可能性がある3つの移籍先候補を挙げた。
 

 
 まず、同メディアは昨季の菊池のパフォーマンスを分析。シーズン前半は16試合で先発し、6勝4敗、防御率3.48をマーク。オールスター戦にも初めて選出されたが、シーズン後半は13試合の先発登板で防御率5.98に悪化した。まるで別人のような成績となった背景には、疲労が蓄積していたことと、すでにマリナーズが4年6600万ドル(約75億9000万円)の球団オプションを行使しないことを承知していたことが関係していると同メディアは関係者の話として伝えている。

 同メディアが考える一つ目の移籍先候補はシカゴ・カブスで、昨季はカイル・ヘンドリックス投手が期待外れのシーズンを送ったことで、ローテーションの後方に菊池を加えることが想定されるという。

 二つ目の移籍先候補はニューヨーク・メッツ。マックス・シャーザー投手やジェイコブ・デグロム投手の後に配置されるとの想定で、カルロス ・ カラスコ投手やタイアン・ウォーカー投手とローテーション3番手以降を争うと見ている。

 そして、三つ目の移籍先候補はトロント・ブルージェイズだ。すでにロックアウト開始前にケビン・ゴーズマン投手を獲得し、ホセ・ベリオス投手とも契約延長。スティーブン・マッツ投手とロビー・レイ投手が抜けた穴を埋めている。ただ、ローテーションの5番手は定まっておらず、菊池が加わることにより、非常に厳しいア・リーグ東地区での戦いにおいてローテーションで決定的な力を持つことが出来るとの見解を示した。