プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平、MLBで最も攻撃的な選手ランキングで4位! 米メディア「彼はバレル率でメジャートップを走っている」【海外の反応】

2022/02/15

text By

photo

Getty Images



大谷翔平最新情報

 米メディア『ブリーチャー・レポート』が、2022シーズンに向けて、MLBで最も攻撃的な選手は誰なのかを検証した。ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は4位に選出されている。
 

 
 同メディアは出塁や走塁の頻度、打撃やパワーが優れていることを基準に10人の選手を選び出した。4位に大谷を選出し「大谷翔平が昨シーズン打った46本塁打の中には、チープなものはほとんどなかった。ゲレーロJr.は、合計ハードヒット率でリードしているが、大谷はバレル率でメジャートップを走っている」と評価した。

 なお、ランキング1位はワシントン・ナショナルズのフアン・ソト外野手で「ほぼ全てのシナリオで、バッターにとって最悪のことはアウトになることだ。その点で言えば、フアン・ソトはアウトにならないことを得意とする選手である。2018年の出塁率.406と2019年の出塁率.401はそれだけで十分驚異的だったが、彼はそれ以来、全く別の次元に身を投じている。過去2年間の出塁率は.471で、他の誰よりも45ポイントも優れている」と伝えている。その他の順位は以下の通り。

<MLBで最も攻撃的な選手トップ10>
1位 フアン・ソト(ワシントン・ナショナルズ)
2位 ブライス・ハーパー(フィラデルフィア・フィリーズ)
3位 フェルナンド・タティスJr.(サンディエゴ・パドレス)
4位 大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)
5位 マイク・トラウト(ロサンゼルス・エンゼルス)
6位 ロナルド・アクーニャJr.(アトランタ・ブレーブス)
7位 ホセ・ラミレス(クリーブランド・ガーディアンズ)
8位 カイル・タッカー(ヒューストン・アストロズ)
9位 ブラディミール・ゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)
10位 フレディ・フリーマン(フリーエージェント)