プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



筒香嘉智、今季はホームラン数が急増する? 米メディアが活躍に期待「パワーポテンシャルは十分ある」【海外の反応】

2022/02/10

text By

photo

Getty Images



 米メディア『ブリーチャー・レポート』が、2022シーズンにホームラン数が急増すると予感させるMLB選手ランキングを発表した。ピッツバーグ・パイレーツの筒香嘉智外野手も佳作部門で選出されている。
 

 
 筒香は昨季、タンパベイ・レイズやロサンゼルス・ドジャースでプレーしたが満足いく結果は得られなかった。それでも最終的に移籍したパイレーツでは144打席で打率.268、8本塁打、OPS.883(出塁率.347+長打率.535)の成績を残し、フリーエージェント(FA)になった後に改めてパイレーツと再契約を結んでいる。

 同メディアは筒香について「タンパベイで失敗した筒香は、昨年8月に再建中のパイレーツのロースターに入り、43試合で8本塁打を記録した。30歳の彼は2016年の44本塁打を含め、日本プロ野球で10シーズン通算205本の本塁打を放っており、パワーポテンシャルは十分ある」と評価し、今季ホームラン数が急増すると予想した。