プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平は現在最もエキサイティングな選手! ”リアル二刀流”に元MLB右腕が感銘「私もメジャーリーグで両方やるのが夢だった」【海外の反応】

2022/01/26

text By

photo

Getty Images



 現役時代にミルウォーキー・ブリュワーズで投手としてプレーしたタイラー・クラビー氏が、エリック・トゥルーデン記者との対談で10個の質問に答えた。その中でロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手についても言及している。米メディア『コールトゥ・ザ・ペン』が報じた。
 

 
 クラビー氏は2009年にブリュワーズからドラフト指名を受けて入団。傘下でキャリアをスタートさせると、2015年にメジャー昇格を果たした。2017年にフリーエージェント(FA)になったが、再びメジャーリーグの球団と契約することはなく、2018年に米独立リーグのヨーク・レボリューションでプレーしたのを最後に現役を引退している。

 トゥルーデン記者が「あなたが考える、現在のゲームで最もエキサイティングな選手は誰だと思う?投手でもポジションプレイヤーでも、どちらか一方でも構わない」と質問したのに対し、クラビー氏は「間違いなく、大谷翔平だ。私は大学時代にピッチャーとショートをやっていた時、メジャーリーグで両方やるのが夢だった。変な話かもしれないが、私が10歳の時に父がバッティングケージを作ってくれて、毎日学校を早退しては打ちっぱなしに行っていたんだ。私は幼い頃から、自分はピッチャーよりもポジションプレイヤーに向いていると考えていたからね」と答えている。