データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



菊池雄星、注目すべきFAの投手の一人! 米メディアがメッツに獲得を推奨「実績のある中継ぎ投手を必要としている」【海外の反応】

2021/12/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , ,



 米メディア『メッツメライズドオンライン』が「フリーエージェント(FA)で入手可能な最高の先発投手5人」と題し、今オフにニューヨーク・メッツが注目すべき5人の投手の名前を挙げた。シアトル・マリナーズからFAになった菊池雄星投手も含まれている。
 

 
 メッツはロックアウトが開始される前にマックス・シャーザー投手を獲得した。同メディアは「FAの市場には、過去10年間で最も完成度の高い投手が揃っている」とし、今オフは注目に値するFAの投手が数多く存在すると伝えている。

 その中でも特に注目すべき投手は、クレイトン・カーショウ投手、ザック・グレインキー投手、カルロス・ロドン投手、タイラー・アンダーソン投手、そして菊池の5人だという。菊池に関しては「メッツは実績のある中継ぎ投手を必要としており、菊池に大きな市場での再出発の機会を提供すると同時に、2人のエースから学ぶ機会を与えてくれるだろう」との評価を下した。
 
 菊池は今季、29試合(157回)を投げて7勝9敗、163奪三振、防御率4.41を記録。前半戦は好投を続け、オールスターゲームに初選出されたが、シーズン後半は失速。最後は先発ローテーションを外れ、リリーフへ配置転換となっていた。その後、シアトル・マリナーズと菊地は互いにオプション拒否でFAになっている。






  • 記者募集