データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



今季のサイ・ヤング賞が発表!ア・リーグはレイが初受賞「彼に課せられた期待を大幅に上回った」【海外の反応】

2021/11/18

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



 MLBが17日(日本時間18日)、両リーグにおける今季のサイ・ヤング賞の受賞者を発表した。ア・リーグはトロント・ブルージェイズのロビー・レイ投手、ナ・リーグはミルウォーキー・ブルワーズのコービン・バーンズ投手がそれぞれ受賞者に選ばれている。
 

 
 レイは今季、32試合(193回1/3)に登板し13勝7敗、防御率2.84、248奪三振の成績を残していた。昨年フリーエージェント(FA)になった後、年俸800万ドル(約9億円)の1年契約でブルージェイズと再契約を結び残留。結果的に大きな活躍を見せ、同メディアは「彼に課せられた期待を大幅に上回った」との評価を下している。そして、1位票を29票獲得したレイがア・リーグのサイ・ヤング賞を受賞した。

 一方で、バーンズは今季28試合(167回)を投げて11勝5敗、防御率2.43、234奪三振をマーク。バーンズはフィラデルフィア・フィリーズのザック・ウィーラー投手と投票数で接戦を演じることになったが、合計151ポイントを獲得したことでナ・リーグのサイ・ヤング賞を受賞している。






  • 記者募集