データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ドジャースの打線が爆発!テイラー3発&ポロック2発でブレーブスに大勝。MLBアナリストも驚き「ポストシーズン史上初めて合計5本塁打放ったペアに」【海外の反応】

2021/10/22

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・ドジャース対アトランタ・ブレーブスの試合が21日(日本時間22日)にドジャースの本拠地ドジャー・スタジアムで行われ、ドジャースが11-2の勝利をおさめた。この試合でドジャースから合計5本のホームランが飛び出し、MLBアナリストを務めるライアン氏が驚いた様子で反応した。
 

 
 ブレーブスは初回、3番フレディ・フリーマン内野手のツーランホームランで先制した。追いかける展開となったドジャースも、2回に5番A.J.ポロック外野手のソロホームランで1点を返すと、6番アルバート・プホルス内野手が左安打で出塁した後に無死一塁から7番クリス・テイラー外野手のツーランホームランで逆転に成功。

 さらに、ドジャースは3回に1点を追加し、5回にはテイラーの2発目となるツーランホームランで得点を積み重ねた。勢いに乗るテイラーは7回にも本塁打を放ち、1試合3発の大活躍を見せた。それに加えてA.J.ポロックも8回に2発目のホームランを放つなどして打線が爆発し、ドジャースが11-2の勝利をおさめている。
 
 ライアン氏は「ドジャースのクリス・テイラーとA.J.ポロックは、MLB史上初めてポストシーズンの試合中に合計5本のホームランを放ったペアになった」と、自身のツイッターに綴っている。






  • 記者募集