データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



アストロズ、9回一挙7得点でレッドソックス降す 米記者が高評価「攻撃陣が生き返り投手陣も素晴らしい働きをした」【海外の反応】

2021/10/20

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



 ボストン・レッドソックス対ヒューストン・アストロズの試合が19日(日本時間20日)にレッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークで行われ、アストロズが9-2の勝利をおさめた。この勝利を受け、米紙『ヒューストン・クロニクル』のチャンドラー・ローマ記者が反応している。
 

 
 アストロズは初回、3番アレックス・ブレグマン内野手のソロホームランで先制した。しかしレッドソックスはその裏、2死一塁から4番ザンダー・ボガーツ内野手がツーランホームランを放ち逆転に成功した。

 その後は膠着状態が続いたが、8回、アストロズの1番ホセ・アルトゥーベ内野手がソロホームランを放って同点に追いつくと、9回には2死一、二塁から9番ジェイソン・カストロ捕手の右安打で勝ち越しに成功した。さらに、2死満塁から2番マイケル・ブラントリー外野手が走者一掃のタイムリーツーベース。その後も追加点を加えたアストロズが9-2の勝利をおさめた。
 
 アストロズの勝利を受けて、ローマ記者は「アストロズが9-2で勝利した。ア・リーグの優勝決定シリーズは2勝2敗のタイだ。攻撃陣はようやく生き返った。投手陣は目覚めたように素晴らしい働きをした」と、自身のツイッターに綴っている。






  • 記者募集