データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ペレスが大谷翔平超えの45号でホームランキング&“捕手最多本塁打記録”に並ぶ!米メディアは記録更新を確信「まだまだシーズンは続くので苦労しないだろう」【海外の反応】

2021/09/17

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 カンザスシティ・ロイヤルズのサルバドール・ペレス捕手は16日(日本時間17日)、オークランド・アスレチックス戦で45号本塁打を放った。この一発を受けて、米メディア『ハミングゾーン』はペレスが今季中に“捕手最多本塁打”の記録を更新することを確信している。
 

 
 「3番・指名打者(DH)」で先発出場したペレスは、初回1死一塁でポール・ブラックバーン投手の投球を捉え、左中間スタンドに突き刺す45号2ランを放った。この結果、本塁打ランキング2位の大谷翔平投手(ロサンゼルス・エンゼルス)を抜き、首位のブラディミール・ゲレーロJr.内野手(トロント・ブルージェイズ)に並んでいる。また、1970年にジョニー・ベンチ氏が打ち立てた捕手最多本塁打の45本にも並んだ。

 同メディアは「これでペレスは、伝説のキャッチャーであるジョニー・ベンチが保持している1シーズンの捕手最多本塁打記録に到達。この夏から秋にかけて、まだまだ野球のシーズンは続くので、ペレスは記録を更新するのに苦労することはないだろう」と報じ、ペレスが捕手最多本塁打の記録を更新することを確信している。






  • 記者募集