データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平に迫るペレスが43号3ラン! 本塁打王争いは大混戦に。米記者も驚き「完全無欠の怪物級ホームランだった」【海外の反応】

2021/09/15

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本塁打ランキング3位につけるカンザスシティ・ロイヤルズのサルバドール・ペレス捕手は14日(日本時間15日)、オークランド・アスレチックス戦に「3番・捕手」でスタメン出場し、43号3ランを放った。この一発を受けて、米公式サイト『MLB.com』のロイヤルズ番のアン・ロジャース記者は驚愕している。
 

 
 本塁打王に向けて猛追するペレスは、6回の第3打席で、右腕ユスメイロ・ペティット投手から左翼スタンドへ飛び込む豪快な43号3ランを放った。本塁打ランキングでは首位ブラディミール・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)と2本差、大谷翔平(エンゼルス)と1本差に迫っている。

 一方で、直近9戦6発と好調のゲレーロJr.と3試合ぶりの一発が期待された大谷は、この日はともにノーヒット。記録を伸ばすことはできなかった。
 
 ロジャース記者はペレスの本塁打について「今季43号は完全無欠の怪物級ホームランだった。ロイヤルズは3回に3点、4回に1点、6回に4点を取るなどしてアスレチックスを相手にリードを広げた。またしてもサルビーがクラッチ・シチュエーションで活躍している」と、自身のツイッターに綴っている。

1 2





  • 記者募集