データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平を猛追! ロイヤルズのペレスが42号本塁打。米記者が反応「1本差に迫った」【海外の反応】

2021/09/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 カンザスシティ・ロイヤルズのサルバドール・ペレス捕手は8日(日本時間9日)、敵地ボルチモア・オリオールズ戦で42号本塁打を放ち、43本塁打でホームランランキングトップを走るロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手に1本差に迫った。この快進撃に米メディア『フォックススポーツ』のベン・バーランダー記者が反応している。
 

 
 ペレスは「3番・捕手」で先発出場し、7回の第4打席でカウント1-1から3球目を捉えると、バックスクリーンへ飛び込む42号本塁打を放った。後半戦の49試合で21本塁打と量産体制に入っており、ブラディミール・ゲレーロJr.内野手(トロント・ブルージェイズ)とともに大谷の最大のライバルとなっている。

 驚異的な猛追で大谷と1本差に迫ったペレス。この快進撃に対してバーランダー記者は「サルバドール・ペレスは、本塁打王争いでリーグトップに立つ大谷翔平に1本差に迫った」と反応。一時は大谷の独走状態だったが、現在の本塁打王争いはさらに熾烈さを増している。






  • 記者募集