データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平は4打数無安打。“疑惑の判定”に米メディアが反応「彼はその球を見て固まった」【海外の反応】

2021/09/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地テキサス・レンジャーズ戦で「2番・指名打者(DH)」として先発出場を果たすも2戦連続の無安打に終わった。“疑惑の判定”に米メディア『ハロスヘブン』が反応している。
 

 
 大谷は初回の第1打席でレンジャーズのアレクシー・オガンド投手と対戦。この回は左飛に倒れ、3回の第2打席は空振り三振を喫している。そして、6回の第3打席は際どいコースだったがストライクの判定で見逃し三振に。8回の第4打席は遊飛に倒れ、大谷は2試合連続ノーヒットに終わっている。エンゼルスは0-4の敗戦を喫した。

 同メディアは、大谷が見逃し三振を喫した6回の第3打席について触れ「大谷は4つ目のボールだと思ったため、その球を見て固まってしまった」と、公式ツイッターに綴っている。自信を持って見送るもストライクの判定で、一塁へ向けて歩みを進めようとした大谷は天を仰いだ。






  • 記者募集