データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平が超人すぎる!予想を超える出来に米記者が困惑「多くの議論がなされたが、今季はそのどれよりも遥かに良い結果」【海外の反応】

2021/09/01

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は8月31日(日本時間9月1日)、本拠地ニューヨーク・ヤンキース戦で「2番・指名打者(DH)」として先発出場。この試合でホームスチール含む2盗塁を決めるなどして足で魅了した。米紙『スポーツ・イラストレイテッド』のエマ・バチェリエリ記者は、今季の大谷の予想を超える活躍に驚愕している。
 

 
 初回の第1打席は左飛に倒れるも、4回の第2打席では四球で出塁した後、二塁走者のデビッド・フレッチャーと共にダブルスチールを決めた。さらにジャレッド・ウォルシュの3ランで大谷がホームに生還。5回の第3打席は申告敬遠で歩かされ、フィル・ゴセリンの中前2点打で三塁へ。ウォルシュの打席で一塁走者ゴセリンと重盗を実行し、捕手の送球の間に大谷はタッチをうまくかわしてホームに生還している。

 バチェリエリ記者は今季の大谷の活躍を振り返り「大谷選手がどのような結果を残すかについて、これだけ多くの議論がなされたのに、今シーズンはその予想のどれよりも遥かに良い結果を残していることには、ただただ驚かされる」と、自身のツイッターに綴っている。






  • 記者募集